愛猫が夜走り回るから眠れない・・・

 「ウチの猫夜中走り回ってて全然寝れねぇ!」なんてことありませんか?

 

 猫ちゃんが走り回って夜寝ないのはちゃんと理由があるんです。

 

 その理由をまとめましたので見ていきましょう!

猫の大運動会

 

〜猫の飼い主さんにあるある夜走り回る猫〜

 猫を飼っているご家庭で「あるある」な出来事といえば、猫が夜走り回ることです。

 

 特に、複数飼いしているご家庭だと、猫の大運動会のようになって、「カオス!」というような状況になった経験を持ちではないでしょうか。

 

 しかも意外とドタバタとうるさいので、マンションアパートだとご近所の目もありますし、なにより飼い主さんが眠れません

 

 猫が夜走り回るのは、「猫が夜行性だから」と諦めている方もいるかもしれませんが、実は昼間にできる対策があります

 

 猫が夜走り回るのにも原因があるので、その原因対策を抑えれば、夜走り回る猫に睡眠不足にされる必要はありません。

 

〜なぜ猫は夜走り回るの?〜

 猫が夜走り回る原因は、たった1つです。

 

 それは、有り余っているエネルギーを発散できていないからです

 

 人間でも若いときはエネルギーが有り余っているので、モヤモヤしてむしゃくしゃするような青春時代を送ったことがある、という方もいるのではないでしょうか。

 

 猫もそれと同じで、特に家猫だと活動時間にしっかり運動ができていないと夜走り回るのにつながります

 

 なぜなら猫は元々、狩りを行う本能を備えています。

 

 そのため、家猫は狩りに出かける必要のないことから、その分のエネルギーが有り余っています。

 

 そのエネルギーを発散させるためにはとにかく走り回ることしかできないので、夜走り回るようになるのです。

 

 つまり、昼間にこの猫のエネルギーを発散させてあげることができれば、夜走り回るのは少なくなります

 

〜猫が夜走り回るのを対策しよう〜

 とにかく、昼間に遊びまわれるようにするのが良いです。

 

 一番は飼い主さんと一緒に遊ぶ時間がとれると良いです。

 

 おもちゃを使って遊べば、猫は夢中になって遊んでくれます。

 

 猫によって好きなおもちゃは異なるので、お気に入りのおもちゃで遊んであげると良いでしょう。

 

 また、猫が自分で遊べるようにするのも1つの手です。

 

 いつでも飼い主さんが遊べるわけではないでしょうから、キャットタワーや猫が一人遊びできるおもちゃを準備してあげると良いです。

 

 一人遊びできるおもちゃとして、コロコロと動くボールや、ぬいぐるみなどがあります。

 

 ペットショップの猫の遊びもののコーナーにはたくさん販売されているので、色々と試してみましょう。

 

 猫が夜走り回ることにおいて、注意しなければならないのが「叱る」ということです。

 

 猫が夜走り回っていると、うるさいためについつい「うるさいでしょ!」と叱る方もいます。

 

 しかし、実はこれ逆効果なのです。

 

 夜走り回っているとき、猫は興奮している状態なので、大きな声を出されると余計に興奮してさらに走り回ります

 

 しかも、猫は本能で走り回っているだけなので、なぜ怒られているのかが分かりません。

 

 猫が走り回りだしたら静かに見守るしかできることはないので、できるだけ対策をとることが重要です。

 

 怒っちゃってほんとごめんね。

 

次の記事:「猫のえさを置きっぱなしにするのはダメ!」

 

前の記事:「引越しのときに猫にストレスをかけない7つのポイント」

SNSでシェアする
コメント(0)