犬が鼻の穴を舐めてくるのはやばすぎる2つの理由

 ワンちゃんが飼い主さんを舐めてくるのには理由があります。

 

 それは舐めてくる部位によっても異なりますので、まずは知識を身につけてワンちゃんの気持ちを理解するように努めましょう。

 

 そうすることによって、より一層ワンちゃんとの良好な関係を築くことができますのでおすすめします。

 

 舐めてくる理由をまとめましたので見ていきましょう!

ワンコが舐めてくる理由

 

〜犬が鼻の穴を舐めてくる2つの理由〜

飼い主の鼻水が美味しいから

 鼻の穴は顔の中でも舐めてくることが多い部位で、鼻の粘膜や鼻水がしょっぱくて美味しいと思っているからだと言われています。

 

 人間でも小さい子の場合、「鼻くそがしょっぱくて美味しい」と言って食べてる子いますよね。笑

 

 当たり前ですが、人間の場合、大人になるにつれて鼻くそは食べ物ではないとわかるので食べなくなってきます。

 

 ただ、ワンちゃんの場合、いくら大人の犬になったところで、人間の大人のような精神年齢には到底なれません。

 

 本能的に「鼻水のしょっぱさ」に美味しさを感じて舐めてくるからだと思ってます。

 

 ちなみに我が家のココアも「おかえり」の合図とともに元気よく出迎えてくれるのですが、待ってましたと言わんばかりに鼻の穴をピンポイントで痛いくらい舐めてきます。笑

 

 これってチワワの特性なんですかね…?笑

 

 もし、チワワ以外のワンちゃんを飼っている人がこの記事を読んでくれているのであれば、コメントを頂けると嬉しいです。

飼い主の唇が乾燥しているから

 また、ワンちゃんは子犬の時に母犬の口元の周りを舐める習性があるのですが、この習性の延長で飼い主さんの口元を舐めているうちに鼻の穴まで舐めてくることもあります。

 

 冬で乾燥している時期に口元を舐めようとしたときに、唇がガサガサ乾燥しているとワンちゃんは嫌がります。

 

 だからと言って、飼い主さんもリップクリームを塗って、唇を潤して、ワンちゃんに舐められる態勢を作ろうと一瞬でも思っていたら要注意!

 

 リップクリームに含まれる成分はワンちゃんの体にとったら害があるものもあるので、気をつけてください。

 

 もし、今振り返ってみて、思い当たる部分があれば、「白色ワセリン」や「馬油」なら多少ワンちゃんの体内に入っても問題ないとされています。

 

 毒性が低く、アレルギー反応が少ないので、ベタベタにではなく、薄く伸ばす程度に塗っている分には大丈夫です。

 

 舐めることは、もちろん「愛情表現」のひとつでもありますので、その愛情表現の矛先予定の唇がダメなら、鼻の穴に行こう!というとっさの判断力なのでしょうか?笑

 

 ひとつ間違いなく言えることは、大好きな飼い主さんに甘えたい気持ちをアピールするための表現のひとつでもありますので、受け止めてあげてください( ̄ー+ ̄)

 

 人間は会話によってコミュニケーションを図ることができますが、ワンちゃんはそういうわけにはいきません。

 

 そのため「舐める」という行為によって相手に感情を伝えようとすることもあります。

 

 「舐める」という行為に含まれたメッセージを理解してあげてください!

 

 飼い主さんの中には舐めてくることに対して抵抗を感じる方もいますが、その行為は言葉を話せないワンちゃんが一生懸命何かを伝えようとしているので、まずはワンちゃんの目を見て、伝えようとしていることを感じてください。

 

〜口・手・足まで舐めてくる理由〜

 ワンちゃんが舐めてくるのは鼻の穴だけではありません

 

 口や手、足などその部位はさまざまです。

 

 他にも舐めることによって安心感を得ている場合もあります。

飼い主を好きすぎて口を舐めてくる

 口を舐めてくるのは敬意や好意の表れとも言われていますし、お腹が空いた時のサインでもあります。

 

 人間でも同じように好きな人に対してはキスをしますよね。

舐めてくる犬とキス

(「わんちゃんラボ」さんより引用)

 ワンちゃんも同じで、口を舐めれば「好き」と伝わるということではなくて。本能的に好きな飼い主さんに対して愛情表現として行なっています。

 

 また、これは人間には理解し難い部分ですが、お腹が空いたときに口を舐めてくることもあります。

 

 これは子犬が母犬にお腹すいたアピールをするときに口元を舐める習性があり、その名残と言われています。

 

 ご自宅のワンちゃんからしてみたら、飼い主さんは「お母さん」と同じなので、その本能的行動が表れているのだと思います。

遊んで欲しくて手を舐めてくる

 手を舐めてくるのは、手を使った何かを催促している場合が考えられます。

 

 遊んでほしかったり撫でてほしかったりと、その欲求はさまざまです。

 

 ボール遊びをしてもらいたかったり、他のおもちゃで遊んで欲しかったり、ワンちゃん自身も普段飼い主さんが遊んでくれるときは「手を使って」遊んでくれることを知っているので、遊びたいときのショートカットキー的な感覚で手を舐めてきます。

 

 また、撫でて欲しいときも手を舐めてきますが、このときはなんとなく上目遣いも一緒にし、甘えんぼアピールすることも多いです(特にココアは。笑)。

 

 ワンちゃんが手を舐めてきた時はまずはたくさん撫でてあげて、何を求めているのか察してあげてください。

足が臭いから舐めてくる

 足を舐めてくるのは手と同様に遊んで欲しいというケースが考えられますが、ただ単に臭いに魅かれているというケースも考えられます。

 

 ワンちゃんは、夏の暑い日にムレムレの湿度マックスの足や一日中靴を履いて歩き回って帰った後の臭い足が好きな傾向にあります。

 

 正直訳がわかりません。笑

 

 ワンちゃんが好きならそれでいいと思いがちですが、もちろん雑菌が付着していることもありますし、人前でされると恥ずかしい思いをすることもありますので、足を舐めてくる場合は止めさせるように普段からしつけておくことをおすすめします。笑

臭い足と犬

(「美容男子」さんより引用)

〜犬からの愛情のサイン〜

 結局は、ワンちゃんが鼻を舐めてくるのは「愛情の表現」なので、飼い主さんからしたら嬉しいことですよね。

 

 普段から懐きもせずに悶々とした日々を過ごすくらいなら、ベロベロ舐めまわされて「やめろよ〜」とか言いながら楽しい毎日を過ごしたいと思います。

 

 そうすることによって、お互いに充実した日々を過ごすことができるようになるので、完全受け身になってあげてください。

 

 ただし、ワンちゃんや飼い主さんが何かしらの感染症にかかっているときは移ることがあるので、それは飼い主さんのその時々の判断で舐めさせることを拒否してください。

 

 風邪のおすそ分けなんて誰も望んでませんからね。笑

 

 上記にも書いていて、繰り返しになりますが、ワンちゃんが舐めてくるのは重要な行為で、それぞれの部位によって理由があるということを知っておいてほしいです。

 

 ワンちゃんの気持ちに寄り添うことによってお互いの信頼関係が高まります。

 

 舐めるという行為に含まれているワンちゃんからのメッセージを理解して、充実したドッグライフに繋げていってください!

 

 ちなみに我が家のココアササミが大好きで、いつもご飯のときにはササミを食べるのですが、たまにテンションが高いときに、ご飯を食べた後すぐに顔を舐めてきます。笑

 

 先ほど「お腹が空いているときに口周りを舐める」と書きましたが、満腹状態で舐めてくるのは正直現在も意味不明です。笑

 

 しかも、ササミを食った後なので、そのままのベロを鼻の穴に突っ込まれると、ササミくせーササミくせー。笑

 

 しかし、私は完全受け身となり、ササミの匂いを楽しんでいます(←まじきもいw)。

 

 締めにどうでもいい話を持ってきてしまいましたが、この記事はこの辺で終わりにしたいと思います(゜∀゜)w

鼻の穴を狙う犬

 

次の記事:「犬の鍵しっぽは縁起がいいの?」

 

前の記事:「犬の歯磨きの頻度は2日に1回?犬はガムで歯磨き完了?」

SNSでシェアする
コメント(0)