野良猫の地獄の真冬

 春夏の暖かい季節ならともかく、真冬の寒い季節に野良猫はどこで生活しているんだろうと心配になる猫好きの方はいるのではないでしょうか?

 

 どんなに暖かく柔らかな毛で覆われていても、野良猫たちの真冬の寒さはとても厳しいものでしょう。

 

 そんな野良猫たちが冬場、どんなところで過ごしているのかをみていきましょう。
 
猫団子で過ごす野良猫の冬

 

〜野良猫だって寒さには弱い〜

 普段外で見かける野良猫も、家の中で飼われている猫と同じように暖かい場所が大好きです。

 

 そもそも猫は暖かい場所で生息していて、その起源はエジプトともいわれており、むしろ暑さに強い性質をもつ動物なのです。

 

 そのため冬の寒さに適応していない野良猫たちが、真冬を屋外で乗り越えるのは実に命がけともいえることなのです。

 

 「猫はこたつで丸くなる」と歌の歌詞でもあるように野良猫たちも寒さが苦手で、できるだけ暖かい場所を求めて寒さを凌ぐ習性があります。

 

 少しでも暖かい日中はできるだけお日様の当たる場所で過ごします。

 

 天気のいい日に車の上でお昼寝している猫を見かけたことはありませんか。

 

 陽があたった車のボンネットやサンルーフなどは、寒い冬に少しでも体を温める事ができ、また冬場は野良猫にとって食料を探すことも難しくなるので、できるだけ体力を消費しないようにしているのです。

 

〜真冬の野良猫の寝床はどこ?〜

 野良猫たちが暖かい時期の日中に昼寝をしているところは見たことがあっても、夜寝ているところを見たことはあまりないのではないでしょうか。

 

 野良猫にとって真冬の寒空で生きていくには、寝床選びというのはとても重要になってくるのです。

人目がつかずに風が通らない場所

 野良猫は飼い猫に比べて警戒心が強く、人目のつかないところを好みます。

 

 そして、真冬の寒さも凌げるように、風が通らず暖が取れるような場所を選ぶのです。

猫団子になって暖をとる

 また、複数の猫同士の体温で暖を取ることも多く、身を寄せ合ってお互いの体温を感じながら眠りにつく野良猫も多くいます。

 

 まるでお団子のように見える様が「猫団子」とも呼ばれます。

 

 縄張り争いなどで一匹狼のように佇む猫もいますが、相性が悪くない限りはお互いが身を寄せ合って助け合うように寒さをしのぐのです。

 

〜近所に野良猫がいたら〜

 もし近所に猫がいたら「寒い中かわいそうに」と家に入れてあげたくなるかもしれません。

家に入れることのできない場合

 しかし、野良猫の中には感染症を持っていたりする猫もいるので、なかなか家の中に招き入れる事はできないでしょう。

 

 ただ、家に上げずともできることはあります

 

 ダンボールなどは寒さを凌ぐための風除けとして重宝しますし、使わない毛布なども猫たちにとって暖を取れるアイテムです。

ボランティア団体に報告する場合

 地域によっては野良猫を助ける為のボランティア活動を行なっている団体もあるので、もし気になるようであればそういった団体に問い合わせてみるのもいいかもしれませんね。

 

 野良猫が真冬にどのように過ごしているのかを見ていきましたがいかがでしたでしょうか。

 

 このように野良猫たちはたくましく厳しい真冬を乗り越えているのです。

 

次の記事:「野良猫を触ると危険?感染の可能性のある病気とは」

 

前の記事:「真夏に野良猫にしてあげられること」

SNSでシェアする
コメント(0)