野良猫に餌付けをする時に守って欲しいこと

 猫好きの人なら近所にいる野良猫たちに餌をあげたこともあるのではないでしょうか。

 

 しかし、いくら猫が可愛いからといって、むやみに餌をあげるのはかえって迷惑行為になってしまうこともあるのです。

 

 では、野良猫に餌をあげる事がどんな迷惑行為に繋がってしまうのか。また、餌付けをする場合の必ずしてほしいことを見ていきましょう。
 
野良猫への餌付けルール

〜地域のルールを守ろう〜

 野良猫を多く見られる地域には、必ずといっていいほど野良猫に餌を与え続ける猫おばさん(おじさん)がいるものです。

 

 毎日同じ時間に来て集まって来た野良猫達に、キャットフードやらミルクなどをあげる光景は、はたから見れば誰にも迷惑をかけていないかもしれません。

 

 しかしそんな人の中には、餌をあげっぱなしで後片付けをしないで帰ってしまう人や、公共の場など場所をわきまえずに餌を与えるために、近隣の人に迷惑をかけてしまうこともあるのです。

 

 地域によって野良猫を守るようなボランティア団体は存在する所としないところで様々ですが、野良猫に餌を与える前に、自分の住んでいる地域ではどうなのかをまず知っておく必要があるでしょう。

 

 地域によっては個人で勝手に餌付けをしないでくださいとお知らせしているボランティア団体もあり、野良猫だけでなく地域の住民が安心して生活ができるようにとルールがあることもあるので、確認してみるのもいいでしょう。

 

〜猫が苦手な人もいることを忘れずに〜

 こういった地域のルールがあるのも、全ての人が猫好きだというわけではないからです。

 

 猫嫌いの人もいれば、猫アレルギーの人もいますし、色々な人がいるのです。

 

 自分が猫が好きだからといって、近所の人全てが猫好きな人とは限りません。

 

 軽い気持ちで餌を一度あげてしまえば野良猫達はまた餌をくれると思い、次の日も同じ場所に餌の催促にやってくるのです。

 

 そうしているうちに一匹から二匹、二匹から三匹とどんどん数を増やしてしまい、ご近所の方に迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

 軽はずみな行動も、後になると大変なことになってしまうので注意が必要です。

 

〜一度餌付けしたら最後まで責任を持つ気持ちで〜

 猫はとても賢い動物です。

 

 そして一度ご飯をくれた人を忘れませんし、毎日きちんと同じ時間に同じ場所に来て餌をもらえるのを待っています。

 

 しかし、どんなに賢い猫でも空き缶やゴミなどの後片付けまではできません。

 

 もし、野良猫に餌をあげる場合は、かならず最後まで責任を持って行うようにしてください。

 

 また、自宅の敷地内ならまだしも、駐車場や公共の場で餌をあげることは禁止されているので考えて行動しましょう。

 

 野良猫に対して餌付けをする時に守ってほしいことをみていきましたがいかがでしたでしょうか。

 

 善意の気持ちでとった行動が結果的に迷惑行為になってしまうのはとても悲しいことです。

 

 人間も動物も住みやすい世の中になるために、相手を思い合える関係性が大切になってきます。

 

前の記事:「野良猫を触ると危険?感染の可能性のある病気とは」

SNSでシェアする
コメント(0)