猫のえさを置きっぱなしにするのはダメ!

 愛猫ちゃんを留守番させるときにうっかりやってしまうキャットフードの置きっぱなし・・・。

 

 猫の健康面をしっかり考えられていますか?

 

 ご飯を置きっ放しにしてはいけない点をまとめましたので見ていきましょう!

猫が食べ終わったら片付け

 

〜なぜ置きっぱなしにするのはダメなの?〜

 猫のフードを置きっぱなしにするのがダメな理由として、4つのことがあります。

健康管理がしにくい

 1つ目は、猫の健康管理がしにくくなるからです。

 

 「置きえさでもどれくらい食べたか分かる」と思うかもしれませんが、総合的な量は分かってもいつどのようなタイミングで・どれくらい食べたのかは分かりません。

衛生面で×

 2つ目は、衛生的に悪いからです。

 

 フードを置きっぱなしにしていると、猫の食べかけをそのままにすることになります。

 

 そうなると、猫の唾液などがお皿についたままになり、そこで雑菌が繁殖します。

 

 それだけではなく、フードは猫だけではなく他の生き物のえさにもなります。

 

 つまり虫がわく原因になるのです。

 

 さらには、フードが傷むこともあるので、おすすめできません。

鮮度が落ちる

 3つ目は、鮮度が落ちるからです。

 

 人間だってそうですが、ご飯は出したばかりの方が安全ですし、新鮮です。

 

 それは、猫のご飯でも同じことです

 

 ドライフードは湿気を吸収しますし、ウエットフードは乾燥します。

 

 そうなると、猫にとっては全然美味しくなくなります

 

 猫にも味覚はあるので、美味しいご飯を食べさせてあげましょう。

平等に食べられない

 4つ目は、1匹だけがご飯を食べてしまうことがあるからです。

 

 これは、多頭飼いのご家庭で起きやすいことですが、複数匹の猫を飼っている場合だと、飼い主さんの目が離れると猫の世界の中での上下関係が勃発します

 

 それによって、フードにありつけない猫が出てしまい、ある猫はぶくぶく太っているけれど、ある猫はがりがりに痩せる、なんてことがあります。

 

 それくらいであればまだ良いですが、病気ケガなどで1匹だけ違うフードを食べなければならないのに置きっぱなしにすると、他の猫がそれも食べてしまう恐れがあります。

 

 なので、多頭飼いの際には飼い主さんがいるときにフードをあげるようにした方が良いです。

 

〜どうしてもキャットフードをあげられないときは?〜

 そうはいっても、どうしても仕事の都合などで飼い主さんがいるときにフードをあげられないこともあることでしょう。

 

 そんなときには自動給餌器を使うのも1つの手です

 

 自動給餌器は自動で猫のフードを給餌してくれる機械です。

 

 一定の量のみ給餌してくれるので、置きっぱなしにしなくて良いですし、普段は機械の中にフードが入っているので、衛生面や鮮度の面もクリアしています。

 

 さらに、自動給餌器によっては猫の食べ過ぎを防いでくれるものもあるので、利用してみてはいかがでしょうか。

 

 多頭飼いの際には、それぞれの猫の縄張りなどを確認すると良いです。

 

 家猫であっても、ある程度の縄張りはあるものです。

 

 なので、置きえさにするときには、それぞれの猫の縄張りの中にフードを置いていくようにすると、食べられない猫でも食べれるようになることがあります。

 

 猫と一緒に暮らしているからには、猫の健康面を気にするのは飼い主さんの義務です。

 

 しかし、飼い主さんによっては仕事の都合上、どうしてもフードを置きっぱなしにしなければならないこともあるでしょう。

 

 そんなときには「今日だけだから」と割り切ることも大切です。

 

次の記事:「愛猫に与えるえさの頻度で健康にも不健康にも・・・!」

 

前の記事:「愛猫が夜走り回るから眠れない・・・」

SNSでシェアする
コメント(0)