老犬が死の直前に見せる8つの行動とは?

 ワンちゃんが老犬になってくると、飼い主さんもワンちゃんの「」というものを、嫌でも意識するようになります。

 

 どんなに可愛い愛犬であっても、必ずお別れの時がやってくるため、後悔しないよう最後まで連れ添ってあげることも飼い主さんとして重要なことです。

 

 今回は老犬が死の直前に見せる行動についてまとめましたので、別れ際に後悔しないために大切なことをまとめましたので見ていきましょう。

 

 正直こういう記事を書くのは嫌です。でも書きます。だからしっかり読んでください。

シニア犬の死期

 

~シニア犬が旅立つ数週間から数日前の変化~

 ワンちゃんが虹の橋を渡る前に、少しずつその兆候は見え始めます。

老犬は睡眠時間が長くなる

(「わんちゃんホンポ」さんより引用)

睡眠時間がさらに長くなる

 老犬になると睡眠時間は長くなりますが、死が近づくとほとんど寝床から動かなくなってきます。

 

 人間と同じように高齢になってくると嫌でも体力が減ってきます。

 

 そのため、「生きるため」の体力を温存するため、睡眠時間を長く取り、行動する時間を短くするわけです。

 

 何かの病気になっている可能性もあるため、必要以上に長く寝ていると感じたら、すぐ病院に連れて行ってあげてください。

食欲が無くなる

 寝ている時間が長くなるほかに、フードを食べなくなることもよく見られることです。

 

 老犬になると以前ほど食欲がなくなり、消化がよくなるように作られたシニア犬用のドッグフードでさえも食べる量が少なくなってくる子も多いですよね。

 

 明らかに必要な分も食べなくなってしまった際には、病気によるもの死期が近づいていると判断せざるを得なくなってきてしまいます。

散歩や運動をしなくなる

 あとは、散歩や運動をしたがらないという変化もよく見られます。

 

 体力がなくなっているときは、少しでも温存しておきたいという本能が働くためです。

 

 このようにして、死が近づくに連れて少しずつ日常生活に支障をきたし始めるのです。

 

~高齢犬が旅立つ数日前から当日の変化~

シニア犬の嘔吐

(「theWOOF」さんより引用)

下痢・嘔吐をし体内の全てを出し切る本能

 死期が間近になってくると、下痢を頻繁に起こすようになります。

 

 ワンちゃんは亡くなる直前、体にあるものを全て外に出し切るという本能が働きます。

 

 下痢気味の便が漏れ出てきたり、嘔吐するようになったりしてきたら、あと数日という可能性が高いです。

 

 この時肛門が閉じなくなったという話もあり、肛門が普段より大きく開いているかどうかも確認しておいてください。

体温が下がる

 それから体温が下がるのも、いよいよというサインです。

 

 動物の体温が下がるというのは、体の機能が停止しつつあるという証拠になってきます。

 

 スキンシップで体温の低下を感じたら、飼い主側も覚悟が必要です。

目に力が無くなる

 あとは目に力がなくなってくるのも、亡くなる直前に見られる現象です。

 

 目の焦点が合っていなかったり、こちらを微妙に目で追ったりする仕草をし始めたら、その兆候だと思っておいてください。

痙攣を起こし始める

 そして昏睡状態に入ると、バタバタとけいれんを起こし始めることもあります。

 

 この状態になったら、いつでも看取れるよう側にいてあげた方がいいでしょう。

 

 優しく撫でながら、声を掛けてあげてください。

最期が近くなるときの呼吸

 チェーンストークス呼吸といって、浅く遅い呼吸をした後、次第に深く速い呼吸になり、また浅く遅い呼吸になり、無呼吸になるのを繰り返す異常呼吸が見られます。

 

 ワンちゃんが亡くなる前は上記の様々な特徴が見られますが、このチェーンストークス呼吸はほとんどのワンちゃんで共通して見られます。

 

 今まで経験をしたことがない飼い主さんもいらっしゃると思いますが、呼吸に関してはこのような症状が見られますので、覚えておいてください。

 

~老犬へ最後にしてあげられるたった1つのこと~

犬のペットロス

(「占いの歩き方」さんより引用)

ペットロスを低減させるために

 ワンちゃんを見送る際の後悔が大きければ大きいほど、その後ペットロスが重症化してしまう傾向にあります。

 

 なので最期はできるだけ後悔しない見送り方が大切になってきます。

 

 もし最期の瞬間一緒にいられるのであれば、できる限り優しくたくさん声を掛けてあげてください

聴覚は最後まで機能している

 反応しないかもしれませんが、体は動かなくとも聴覚は最期まで機能しています

 

 最期の時までちゃんと飼い主さんの声は届いているのです。

 

 そしてもし仕事などで家を出なければならない時は、出る前にたくさん可愛がってあげてほしいです。

看取れなくて後悔しないように

 そうすることでワンちゃんも幸せになりますし、飼い主側の後悔も少なくなります。

 

 先ほども書きましたが、本当に死の直前になると全身が痙攣します。

 

 声をかけてあげ、飼い主さん自身が後悔しないように対応してください。

 

 ワンちゃんの死が近づいているのは受け入れたくないですよね。

 

 まだまだ元気になるかもしれないというわずかな望みもあると思います。

 

 愛犬が小さい時やイタズラをして怒ったこと、無駄吠えもするし、夜も寝なかったり、たまにある食欲不振で心配になったり、そして何よりたくさん遊んだこと

 

 たくさんの思い出がありますよね。

 

 「優しくたくさん声をかけてあげる」というこのたった1つのことですが、そんな愛するワンちゃんの一生の最期をいい気持ちで送らせることができる魔法の手段なので必ずやってあげてくださいね。

 

 私からの切なるお願いです。

 

次の記事:「老犬が死を悟ったときの6つの行動」

 

前の記事:「老犬への点滴方法と費用と副作用」

SNSでシェアする
コメント(0)