一人暮らしが寂しいから猫を飼う人急上昇!幸せのあり方とは?

 実家を出て一人暮らしをする人が良くも悪くも一度は通る道が「1人の寂しさ」ではないでしょうか?

 

 誰からも干渉されることのない自由な感じと反対に、「孤独」を感じてしまうことは誰でもあるはずです。

 

 でもたまに襲われる孤独は辛いけれど、だからといって誰かと住みたいわけではない。

 

 そんな時に「ペット」を飼って、この孤独感を埋めて癒されたいという気持ちを持つこともあるはずです。

 

 ペットとして代表的なものではを想像する人も多いでしょう。

 

 か二択で考えた時に猫の方が散歩はしなくてもいいし、楽に飼えるんじゃないかと思うかもしれません。

 

 ただ、その前に生き物を飼うという責任を忘れてはいけません。

 

 ここでは猫をペットとして買う場合の知っておくべきマナーをみていきましょう。

一人暮らしで猫を飼うのは人間のエゴ

 

〜猫の生態を知る〜

 まずは猫の性質を知ることから始めましょう。

 

 家によっては外と家の中を自由に行き来して飼っている方もいらっしゃいますが、一人暮らしの場合は完全に家猫として完全室内飼いした方がいいです

 

 一見外に出さないということは、猫にとってストレスを感じるのではないかと思うかもしれませんが、縄張り争いの習性がある猫は外でもストレスを感じることは多々あります

 

 さらに感染症のリスクもあるので完全室内飼いは猫が安心して生活できる環境でもあるのです。

 

〜猫を飼うために必要なものは〜

 また猫を飼うことは金銭的にもあまり負担はかからないでしょう。

 

 大体の場合は食料品トイレグッズ爪とぎ板などあれば良いでしょう。

 

 また、部屋が狭い場合でもキャットタワーなどで高さを有効利用できれば、運動不足になることもなくのびのびと過ごせます。

 

〜一人暮らしには猫は飼いやすい〜

 そしてなんといっても、1日や2日くらいなら家を空けられるということも猫だからできることでしょう。

 

 食事をしっかりと用意しておけば猫は好きな時に食べたいだけ食べて、躾をしっかりしていればトイレもちゃんと指定のトイレでできます。

 

 泊まりで出かける時は、気の許せる友人などに頼んでたまに様子を見に行ってもらったりと、そこまで手のかからない部分では猫を飼うことは一人暮らしの方にはありがたいことです。

 

 しかし、多少の不在は大丈夫だろうと思っても、数日帰らなくてもいいというわけではありませんので、飼い主としての自覚は必要になります。

 

 猫はマイペースな生き物なので、主人にべったりすることは少ないと思うかもしれませんが、もちろんかまってちゃんだったり甘えん坊の性格の猫もいます。

 

 様々な性格の猫がいますが、綺麗好きという性質はどの猫も持ち合わせていますので、毛の生え変わりなどの抜け毛問題をクリアすれば、掃除が大変と感じることは少ないかもしれません。

 

 このように猫がいる生活は一人暮らしの自由をそのまま味わいながらも「孤独感」を感じることはなくなるでしょう。

 

 しかし、「寂しいから猫を飼う」という考えだけでは簡単に決断しないことが懸命です。

 

 どんな生き物を飼うときも、責任を伴うということを忘れないでください。

 

 ペットとともに充実した日々は、また違う幸せを感じることができるでしょう。

 

次の記事:「捨て猫に遭遇!!自分で飼えない場合はどうする?拾うべき?」

 

前の記事:「素人だからこそ知っておきたい猫の爪切りが大切なワケ」

SNSでシェアする
コメント(0)