猫の単頭飼いでライブカメラ使ってないとかまずいと思います。

 単頭飼い、多頭飼い関わらず、ライブカメラを活用している家庭も多いのではないでしょうか。

 

 いくら猫が留守番をするのに配慮していると言っても、どこでどんな危険があるか分かりません。

 

 そこでライブカメラがあれば、室内の猫の様子を確認することができます。

 

 中には使ったことのない方もいらっしゃるかと思いますので、一緒に見ていきましょう!

猫のライブカメラの使い方

 

〜猫のライブカメラは遠隔操作できる?〜

 機能によって性能は大きく変わってきますが、安価なものは設置した場所から動かせない場合が多いです。

 

 しかし、ちょっと割高なものになればラジコンのように遠隔操作で部屋の中を動かすことができます。

 

 猫のことが心配だと考えるなら、多少の出費はあっても遠隔操作ができるものがいいでしょう。

 

 ただし、留守中に猫が出歩ける部屋を1部屋に制限しているのであれば設置型でも問題ありません。

 

〜ペットメーカーも積極的に発売している〜

 単頭飼いの場合、特に飼い主は心配になることもあるでしょう。

 

 ライブカメラは「ペット見守りカメラ」と言われて、ペット見守りに特化したものがあります。

 

 見守りに特化したものは、ペットメーカーが展開していることが多く、さまざまなメリットがあるのです。

 

 特に留守番を任せることが多い場合、カリカリマシーンと一緒になったものが良いでしょう。

 

 名前の通り、カリカリフードを出す機能があり、残業で遅くなった時なども猫にご飯を我慢させずにすみます。

 

 一般的にペット用のライブカメラは1万円〜3万円が相場と言われています。

 

 しかし、カメラだけの機能に制限すれば1万円以下で購入することも可能です。

 

 こういった商品は新たなタイプが年々販売されているので、古いタイプは値下がりしていきます。

 

 性能が良いにもかかわらず、意外と安く購入できたというケースもあるでしょう。

 

 ライブカメラ自体、絶対に必要なものという訳ではありません

 

 しかし、留守中に猫がどのようなことをしているかを知ることはできます。

 

 もしかしたら、見慣れないライブカメラがあることで猫のアップの顔を見ることもできるかもしれません。

 

 ライブカメラの中には写真機能が搭載されている物が多いので、普段は見られない姿を写真に残すチャンスでもありますね。

 

〜ライブカメラの選び方〜

 ライブカメラを購入したことがない人にとって、どんな基準で選べばいいか分からない人もいるでしょう。

 

 基本的に画素数など、画像の鮮明さにはこだわる必要がありません。

 

 防犯目的で所持するのであれば、多少はこだわった方がいいかもしれませんが、猫の見守りオンリーであればあまり意味はないのです。

 

 ただ、きれいな写真を撮りたいという人はある程度画素数にこだわった方がいいかもしれません。

 

 単頭飼いの場合、猫が寂しく思っているのではないかと考える人もいるでしょう。

 

 そんな時はマイク機能搭載のライブカメラを設置することで、外出先からでも声をかけられます。

 

 ただ、姿は見えないのに声だけ聞こえるとなると混乱する猫もいるかもしれません。

 

 余計に寂しさが募る猫ちゃんもいると思いますので、正直なところ実際に使ってみないとわからない部分もあります。

 

 もし、普段から寂しがり屋さんの猫ちゃんの場合はカメラ機能だけでいいかなと思ってます。

 

 うちのちびの場合は多分全然寂しがらないのでマイク機能搭載のライブカメラで声をかけたところで、無視されそうな気がします。笑

 

次の記事:「単頭飼いと多頭飼い、猫はどっちが幸せ?」

 

前の記事:「単頭飼い猫の留守番はストレス・危険・熱中症の恐れあり!」

SNSでシェアする
コメント(0)