単頭飼い猫を一晩留守番させる時の3つの注意点。

 猫は留守番が苦手なイメージを持つ人もいます。

 

 しかし、実際は猫は犬よりも孤独に強い特徴を持っているのです。

 

 猫を外出させることの危険性も交えて見ていきましょう!

単頭飼い猫の留守番時の注意点

 

〜猫は留守番に強い?〜

 猫は自立心が高い生き物です。

 

 もちろん、猫の性格などによっても若干の変化はありますが、根本的な部分は同じと考えていいでしょう。

 

 どちらかと言えば、猫は環境の変化に弱い傾向があります。

 

 外出先に連れて行く方がストレスもたまり、猫にとっては良くないことが起こりえます。

 

 猫は飼い主がいない時には、ひとりモードに入って、昼寝や自宅の散策など自由に行動します。

 

 そういった点から見ても、猫に留守番をさせるのは問題ないと考えて問題はありません。

 

 むしろ、ひとりの時間をしっかり与えて、普段のストレスを解消させるようにしましょう。

 

〜単頭飼いの猫は一晩の留守番は可能?〜

 猫に「一晩の留守番」は可能かどうか、結論から言えば可能です。

 

 ただ、数日に渡っての留守番は猫も不安になってしまいます。

 

 その場合は、多少のストレスは溜めさせてしまいますがペットホテルペットシッターを利用しましょう。

 

 猫は孤独に強いとは言っても、それまで当たり前に帰って来ていた飼い主が帰ってこなかったら不安になります。

 

 トイレ掃除などのこともあるので、長期間の外出は自宅で留守番させるのではなく、きちんと誰かが見てくれるという孤独対策をしておきましょう。

 

 長期間の外出から帰宅した場合は、いつも以上に猫に構ってあげてください。

 

 昔は3日経てば飼い主のことを忘れるのが猫、と言われていましたが、そんなことはありません。

 

 猫にとって飼い主は誰よりも大切な存在なので、忘れることなんてできないのです。

 

 だからこそ、不在だったときの分までしっかり遊んであげてください。

 

〜単頭飼いの猫を留守番させる時の注意点〜

 短時間、一晩、時間の長短に関わらず、留守番をさせる時の注意点があります。

 

 それは、きちんと猫が快適に過ごせる空間を作ることです。

キャットフードや水の量

 普段以上にご飯を用意しておく、水を多めに用意しておくのは最低条件と言ってもいいでしょう。

 

 近年は便利なアイテムもあり、水が少なくなったら自動的に注いでくれるものもあります。

 

 ただ、アイテムの故障面を考えても、それとは別に用意をしてべきです。

トイレの数

 トイレに関しても、複数用意しておきましょう。

 

 猫は綺麗好きなので汚いトイレで排泄はしません。

 

 なので、一晩であっても綺麗なトイレで用を足せるように別の場所を用意してあげておいてください。

 

 外出をする際、飼い主は普段以上に猫が快適に過ごせるかを気にかけないといけません。

 

 長距離になれば「忘れていた」と気づいても、自宅に戻ることはできないでしょう。

夏の時期においてのさらなる注意点

 特に夏場は水の用意を忘れないようにしてください。

 

 もちろんご飯だけではなく、夏場であればエアコンを入れるなどの配慮も大切です。

 

 やっぱり基本的には飼い主さんがずっと家にいることができれば問題ないのですが、そんなことはどのご家庭も限度があります。

 

 飼い猫ちゃんとハッピーライフを送れるよう、留守番させる際も十分に配慮してあげてください。

 

次の記事:「多頭飼い猫の2つの喧嘩対策!」

 

前の記事:「単頭飼いの猫を悲しませる3つの原因とは?」

SNSでシェアする
コメント(0)