猫の単頭飼いはさびしい?単頭飼いのメリットはたくさんある!

 猫を飼い始めるときには、1匹から飼い始める人が多いでしょう。

 

 最初は気にならなくても、だんだん「1匹でさびしくないのかな…」と感じる飼い主の方もいるはずです。

 

 ただし、多頭飼いするときにも注意点はありますし、単頭飼いのメリットもたくさんあるので、一緒に見ていきましょう!

メリットだらけの猫の単頭飼い

 

〜猫は1匹だとさびしい?〜

 そもそも、猫は元から1匹で生活する生き物なので、さびしいと思うことはありません。

 

 なので、かわいそうと思わなくて大丈夫なのです(ただ猫ちゃんのそれぞれ持つ性格、育て方で変わってくる部分もあります)。

 

 でも、他の猫と遊んでいる子を見て、やっぱり大勢で遊んだほうが楽しいのかなと思うかもしれません。

 

 猫は一度の出産で、2〜6匹くらい産むのが普通です。

 

 産まれたときから他の猫と生活する子もいるので、他の猫と遊ぶこともあるでしょう。

 

 しかし、兄弟と一緒に暮らしていた猫も、生後5〜6ヶ月くらいになると他の猫から離れて生活するようになります

 

 他の猫と一緒に遊ぶ子を見ていると、うちの子も遊び相手がいた方がいいかなと思いがちですが、それほど気にしなくて大丈夫なのです。

 

〜単頭飼いのメリットはたくさんあります〜

 1匹のみを飼っている単頭飼いは、実はたくさんメリットがあります

お金の面

 まず飼い主にとって、1匹分のお金しかかからないことです。

 

 複数の猫がいると、その分エサ代トイレの砂代病院代など、様々なお金が2倍3倍とかかります。

 

 1匹ならばコストもその分かかりません。

時間の面

 飼い主との時間を独り占めできることもメリットです。

 

 他の猫がいると、遊ぶ時食事のときも他の猫の相手をされてしまうことも多いでしょう。

 

 一対一で過ごす時間をたっぷりとってもらえることは、猫にとってもうれしいことです。

体調変化に気付ける面

 猫の異変に気づきやすいのもメリットと言えます。

 

 例えば、トイレ血尿があったとき、多頭飼いだとどの猫が血尿をしたのかわからないので発見が遅れがちです。

 

 しかし、1匹ならば、すぐに病院に連れて行って対処することができます。

 

 看病も手厚くできるでしょう。

 

 このように、単頭飼いのメリットはたくさんあります。

 

 1匹だけを大切にするのも、いいことがたくさんあるというわけです。

 

〜猫の性格や生活環境も考慮してあげましょう〜

 単頭飼いメリットがたくさんありますし、猫にとってはさびしいものではありません。

 

 でもやっぱり「他の猫がいた方が…」と思うこともあるでしょう。

 

 その時には、自分だけでなく猫の性格今の生活環境も考慮してください。

 

 猫も人間と同じで、みんな性格が違い個性があります。

 

 誰にでも人懐っこくて、猫同士でも楽しく遊ぶ子もいますが、人も猫も苦手でいつも一人がいいという猫もいるでしょう。

 

 もし多頭飼いをしても、仲良く遊ぶ子もいますし、遊ばないで警戒してしまう子もいるということです。

 

 場合によっては他の猫と一緒に生活し始めることで、ストレスを感じて体調を崩すこともあります。

 

 今から先住猫がいるところに新しい猫を迎えようとしている人は、先住猫の性格をよく考えてあげましょう。

 

 これから2〜3匹新しく飼い始める方は、元から一緒に生活していた子や兄弟猫をまとめて引き取るのなら、うまくいく可能性も高くなります。

 

 その猫の性格や今までの生活環境など、猫のためにいろいろなことを考慮してあげてください。

 

次の記事:「単頭飼いの猫は寂しいと感じる?」

 

前の記事:「老猫が亡くなったらどこで火葬?3つの方法と料金について」

SNSでシェアする
コメント(0)