一人暮らしで猫を飼うなら、単頭飼いがいい?

 一人暮らしの場合、猫を飼っていると一匹で大丈夫なのかと不安になる人もいるかもしれません。

 

 特に仕事で家を空ける時間が多い人は、その間自宅に猫が一匹でいるので心配になるのです。

 

 しかし「猫が寂しいから」という理由で、多頭飼いを検討するのはちょっと待ってください。

 

 一人暮らしで多頭飼いをする危険性もまとめましたので、見ていきましょう!

一人暮らしの猫の単頭飼い?

 

〜単頭飼いでもストレスは感じない〜

 猫は甘えん坊な部分もあるため、寂しがり屋というイメージがあります。

 

 しかし、猫は一匹でいてもストレスを感じないと言われています。

 

 もちろん猫の性格種類によって若干の違いはありますが、一般的にはストレスを感じないのです。

 

 ただ、猫を溺愛してしまうと分離不安と言って、飼い主がいないことに対して不安を覚えてしまいます

 

 過剰な溺愛をしていなければ、普通に一匹で過ごすことはストレスではないので安心してください

 

〜単頭飼いの人が多頭飼いを考えるときに注意するべきこと〜

 現時点で単頭飼いの人が、新たに猫を迎えようと多頭飼い考えた場合、注意しなければならないことがあります。

 

 それは、「猫の相性」です。

 

 寂しいだろうと考えて新たに迎えた猫と相性が合わないと本末転倒になってしまいます。

 

 そして、猫は一匹でもストレスを感じないと先述しましたが、テリトリー意識の強い生き物です。

 

 自分のテリトリーに入ろうとするものを敵としてみなす傾向があるので、普段からクールな性格の猫であればあるほど、新しい猫との相性が良くなる可能性は低くなります。

 

 友達を作る感覚で新しい猫を迎えてしまうと、失敗するケースが多いので注意しましょう。

 

 もちろん、相性がまったく合わない猫ばかりではありません。

 

 甘えん坊気質の猫であれば、遊び相手が増えたと喜ぶ場合も多いです。

 

 ただ、猫にとってはまったくの他猫が自分のテリトリーに入ってくるのですから、最初から歓迎されるとは考えないようにしましょう。

 

〜一人暮らしで猫を飼うのがオススメされる理由〜

 雑誌などでも紹介されることが多いのですが、一人暮らしの人は猫を飼うことがオススメされています。

 

 その理由として、飼い主自体の寂しさが和らぐからです。

 

 可愛い猫と一緒に過ごすことで、ストレス疲労を癒してくれますし、猫を養うために仕事を頑張ろうと自分を奮い立たせることもできます。

 

 ただ、気をつけたいのはペット可物件であるかどうか、猫の爪とぎなどです。

 

 どの家庭にも木の柱があるのではないでしょうか。

 

 猫にとって木の柱などは爪とぎしやすいので、賃貸物件の場合は退去時に修繕費用を請求される可能性が高いことは考えておきましょう。

 

 きちんとしつけをして、別に爪とぎを用意してあげれば、こういった心配も少なくなります。

 

 あと、単頭飼いによって猫も思う存分飼い主に甘えられるので猫本来の甘え方などを見たい人は、ぜひ単頭飼いをしてみてください。

 

 猫を飼うことは飼い主にとってもメリットが多いので、自分の家族になる子を見つけたら思う存分構って愛してあげましょう。

 

 猫は与えた愛情の分だけ甘えてくるのでとても可愛いですよ。

 

〜ただし絶対に守って欲しいこと〜

 一人暮らしで猫ちゃんを飼うということはやはり飼い主さんの生活を犠牲にする部分も出てきます

 

 当たり前です。

 

 ただただ、自分自身のことしか考えず「寂しいから」という気持ちを抑えるための道具として猫ちゃんを飼わないでください。

 

 勝手にひとりで寂しい思いをしていてください。

 

 猫ちゃんを第一に考えて、愛情を注いであげてください。

 

 自分の寂しさを自分より弱い立場のものに押し付けることのないよう約束してください。

 

次の記事:「単頭飼い猫の留守番はストレス・危険・熱中症の恐れあり!」

 

前の記事:「猫を単頭飼いするデメリットは?」

SNSでシェアする
コメント(0)