ウェットフードは猫の病気がつながるリスクがある。

 猫用のフードには、ドライフードの他に缶詰めに入ったウェットフードがあります。

 

 ドライフードだとなかなか食べてくれないのに、ウェットフードをあげるとガツガツとまるでお腹が空いていたかのように食いつきが良いと感じた経験のある愛猫家は多いのではないでしょうか。

 

 よく食べるウェットフードですが注意点もありますので見ていきましょう!

猫の口臭の原因であるウェットフード

 

〜食いつきがいいウェットフードだけどあげすぎ注意!〜

 ウェットフードは、フードの中にすでにたっぷり水分が含まれているので、体調が悪くて脱水症状のリスクがある時や、水を飲みに行く体力があまりない時などにはおすすめです。

 

 また、猫の食いつきが良いので、ドライフードだと食べてくれないけれど力をつけるために何か食べてほしいという時にも、とても便利なフードです。

 

 しかし、ウェットフードをドライフードの代わりに毎日の食事にするのは、あまりお勧めではありません。

 

 その理由はいくつかありますが、価格がドライフードと比べると高めという点、そして歯石がつきやすかったり口臭の原因になるという点、また長期保存が難しい点などが挙げられます。

 

〜ウェットフードの選び方〜

 ウェットフードにはいろいろな形状タイプがあります。

 

 ドライフードにトッピングすることを目的としたフレークタイプ、ペーストやムース状になったパテタイプ、そして原料がゴロゴロ入っているのが特徴のシチュータイプがあり、基本的にはどのタイプでも特定の使い方はありません。

 

 しかし、猫の健康を考えた場合には、できるだけウェットフードの割合を少なめにして基本はドライフードでいたほうがメリットがあるので、与え方を工夫しながらウェットフードに傾いていかないように気を付けましょう。

 

 好き嫌いが激しい猫にウェットフードを与える場合には、ドライフードにミックスさせて与えるのがおすすめです。

 

 この時、ウェットフードでもその子が好きな原料の物を選んだり食いつきで選べば、少量をドライフードに混ぜても美味しく食べてくれるでしょう。

 

 ドライフードのトッピングとして使う場合には、保存期間が短いウェットフードの性質を考慮して、できるだけ少量パッケージを選んだほうが安心です。

 

 ウェットフードは冷蔵庫で保存しても酸化が早いので、開封したら素早く使うのが鉄則です。

 

〜こんな症状が出たら注意しましょう〜

 ウェットフードには水分がたっぷりと含まれています

 

 水分をあまり摂らない子なら、ウェットフードを食べることによって十分な水分補給ができるというメリットがあります。

 

 それとは反対に普段からたっぷり水を飲んでいる子がウェットフードを食べると、水分の取り過ぎで下痢をしてしまうリスクがあるので注意しましょう。

 

 また、ウェットフードの割合が高くなると、便のニオイが強くなる傾向にあるので、その点も注意したほうが良いですね。

 

 さらに、口臭が強くなりやすい傾向があります。

 

 こうしたニオイは特に健康上に問題があるというわけではありませんが、「歯石がつく」ことは歯の病気にかかりやすくなるので、口臭には注意したほうが良いでしょう

 

次の記事:「猫にあえて虫歯になりやすいウェットフードを与える必要はない。」

 

前の記事:「たくさんあるから迷う!猫のドライフードの選び方!」

SNSでシェアする
コメント(0)