たくさんあるから迷う!猫のドライフードの選び方!

 猫にとって毎日の食事となるドライフードは、たくさんのブランドから多種多様な商品がラインナップされています。

 

 「どの商品をどんな基準で選ぶのが良いのか」みなさんわかってて買っていますか?

 

 飼い猫ちゃんに合わせたドライフードを選ぶ基準をまとめましたので見ていきましょう!

猫のウェットフードの選び方

 

〜何を基準に選べばよいの?〜

 フードの選び方にはいろいろなものがありますが、大きく分けると、

 ・原料で選ぶ方法

 ・価格で選ぶ方法

 ・猫の食いつきで選ぶ方法

 ・買いやすさで選ぶ方法

 

 などがあります。

 

 毎日の食事なので、どんなに最高級のドライフードでも高すぎたのでは続けることが難しいですし、自宅からかなり離れたショップでしか買えないというのも困りますよね。

 

 もちろん、こうした選び方はとても大切なのですが、猫の栄養管理をドライフードに完全に頼るわけですから、やはり素材はしっかりとチェックしてあげたいものです

 

〜チキンや魚原料のドライフードが人気〜

 猫はもともと野生の肉食動物で、食生活は肉などから摂れるたんぱく質を必要とします。

 

 現在ペットとして人間と一緒に暮らす猫だと、どうしても食生活が人間と近いものになってしまうことが多く、人間の主食と同じお米とかパンなどの穀類が主食になりがちですが、これは猫の健康面であまりお勧めではありません

 

 猫の体には、炭水化物はほとんど必要なく、その一方で動物性たんぱく質を多く必要としているため、ドライフードを選ぶ際にも動物性たんぱく質が充実したものを選ぶのが良いでしょう。

 

 ドライフードに使われている動物性たんぱく質の原料にはいろいろなものがありますが、その中でも人気が高いのはチキンお魚が原料となっているものです。

 

 これらの原料は猫がアレルギーを起こしにくいというメリットがありますし、低カロリー高たんぱくなので安心です。

 

 猫の体は、小麦などの穀物に対してアレルギーを起こしやすいという特徴があります。

 

 全ての猫が穀物アレルギーを持っているというわけではありませんが、生活の中で後からアレルギーが発症してしまうことがあるので、猫にとって必要のない穀物類は与えない方が間違いないです。

 

 うちのちびは小さな頃から穀物類を食べずに育ってきたので、この点は小さい時に与えて癖にならなくてよかったなと今感じています。

 

 ドライフードの中には、穀物がいっさい使われていないグレインフリーがあるので、もしも予算的に余裕があって猫が好んで食べてくれるのなら、検討してみてください。

 

〜高いドライフードの方が良いの?〜

 猫用のドライフードは、リーズナブルな価格帯のものがある一方で、ちょっと手が出ないなという高額な商品まで幅広くラインナップされています。

 

 安かろう悪かろうというわけではありませんが、安すぎるドライフードだと、使われている原料の質が悪かったり添加物がたくさん使われていたりして、猫の健康面にとってはマイナスの影響が懸念されます

 

 家庭の経済状況と相談しながら、可能な限り猫にとってマイナスの原料が使われていないドライフードを選びたいですね。

 

 ミールパウダーとか添加物、副産物などだけで作られているフードは、極力避けたほうが安心です。

 

次の記事:「ウェットフードは猫の病気がつながるリスクがある。」

 

前の記事:「猫が元気が無いのは病気のサイン?」

SNSでシェアする
コメント(0)