老猫に長生きしてもらうための6つのポイント

 猫が年を取ったら、その猫の体力行動の仕方などに合わせて、室内を変えないと猫ちゃんも生活しづらくなってきます

 

 そのときの注意点をまとめましたので見ていきましょう!

老猫が長生きする秘訣

 

〜室内を老猫に合わせる3つのポイント〜

 老猫ちゃんに最適な生活環境は下記の3つのポイントを抑えてください。

普段生活する場所の整理整頓

 老猫は体力が衰えてきて行動範囲が狭くなってきます

 

 寝床とエサ場・トイレを一か所にまとめてあげたり、キャットタワーなど上下運動を激しく行うようなものを片付けましょう。

 

 段差が多い家ならば、段差をなくすためにスロープを作ってあげてもいいです。

 

 階段に上って降りられなくなったり、上の段から飛び降りてケガをしないようにゲートを付けるのもいいでしょう。

寝床は最重要

 特に寝床に関しては、体力の衰えでよく眠るようになってきます。

 

 快適な寝床となるように、夏は涼しく冬は暖かくなるように工夫して作ってあげてください。

 

 できるだけ静かな場所に移動するのもいいでしょう。

 

 猫によってはお気に入りの毛布があったり、寝床にもこだわりがあるものです。

 

 その猫に合わせて、快適な場所を作ってあげるといいでしょう。

キャットフードと水も老猫に合ったものを

 もしかしたら、食事の内容や水の味にこだわりを持つ子もいるかもしれません。

 

 老猫になるとそういうこだわりが出てくることもあります。

 

 食事と水分をしっかりと取れないと、様々な病気の原因となったり痩せすぎてしまうこともありますので、その子のこだわりに合わせて食事や水を変えてみるといいでしょう。

 

 老猫になったら、その子にとって過ごしやすい場所であるように生活環境を整えてあげてください。

 

〜敵となる3つのストレスの原因〜

 老猫にとってストレスは敵です。

 

 ストレスは体調を悪くする原因にもなります。

 

 そのため、できるだけストレスを与えないようにしましょう。

新入り猫はストレスの原因に

 よく猫が年を取ってくると一人で家にいるのが寂しいかな、と思って新しい猫を飼う人がいますが、これは猫にとってストレスの原因になりかねません。

 

 人間の子どもも、兄弟産まれて全然知らない赤ちゃんと暮らすようになるとストレスが溜まって、戸惑ったり赤ちゃん返りをしたり、体調を崩す子もいます。

 

 それと同じで、老猫にとって新しい猫が来ることはストレスの原因になってしまうのです。

 

 新しい友達を作ってあげよう…という心遣いはやめておきましょう。

来客や引っ越しもストレスに

 他にもお客さんをたくさん呼ぶことがあったり、引っ越しなどもストレスになります。

 

 今の生活環境を変えずにそのまま過ごすことが一番というわけです。

 

 ただ、どうしても仕事や家庭の事情で引っ越しをしたり、新しい猫を飼うことになることもあるでしょう。

 

 避けられないケースを除いて、できるだけ今の状態をキープするようにしてあげてください。

ストレス解消のために遊ぶべき

 ストレスが溜まらないように、時々遊んであげるのもいいでしょう。

 

 老猫は体力が衰えてあまり動かなくなってしまうことがあります。

 

 無理やり高いところに登らせようとしたり、走らせることまではしなくてもいいのです。

 

 猫じゃらしなどで軽く遊んであげるだけでも、十分運動になってストレス発散になります。

 

 その子に合わせて無理のない程度運動させてあげるといいでしょう。

 

次の記事:「老猫の睡眠時間はどのくらい?気を付ける4つのこと」

 

前の記事:「老猫を定期健康診断で守る!3つの検査と費用」

SNSでシェアする
コメント(0)