単頭飼いの犬の様子を確認するのに便利なライブカメラ〜2つの利点〜

 最近、留守番中のワンちゃんの様子を確認するのに便利なグッズとして、ライブカメラを導入する飼い主さんが増えています。

 

 単頭飼いだとひとりぼっちで留守番させることになるため、ワンちゃんが寂しがっていないかなと思うこともありますが、そんな飼い主さんにぴったりのアイテムです。

 

 ところで、各メーカーがさまざまな機能を備えたカメラを販売していますが、こうしたライブカメラはどのぐらい役立つのでしょうか?

 

 使用上の注意と併せて見ていきましょう!

犬の単頭飼いでのライブカメラ

 

〜安心の機能付き〜

 ライブカメラにもメーカーによってさまざまなタイプがありますが、比較的小型のものが多く、テーブルの上などに設置することが可能です。

 

スマホから映像を確認できる

 カメラで撮影した映像はネットを通じてお持ちのスマホなどに送られるため、ネットのつながる場所ならどこからでも留守番中のワンちゃんの様子が確認できます。

 

 ワンちゃんがカメラの映らない場所に移動したら意味がないのではないかと思うかもしれませんが、首振り機能など広範囲を撮影できる機能を搭載した製品もあります。

 

 ですので、ケージに入れず部屋の中を自由にさせておく方針の飼い主さんでも満足できるものが見つかるでしょう。

カメラから声もかけられる

 また、映像を送信できるだけでなく、ワンちゃんのもとに声を届けられる機能が付いているカメラもあります。

 

 ワンちゃんが不安げで落ち着きなく過ごしている時でも、飼い主さんが声をかけて安心させることができるわけです。

 

〜カメラの2つの利点〜

数時間の外出ならではのメリット

 ライブカメラといっても、「ただ映像が見られるだけじゃ、何かトラブルがあってもどうすることもできない」と思っている方もいるでしょう。

 

 確かに、ワンちゃん一匹残して海外旅行できるほど万能なわけではありません。

 

 しかし、数時間程度の外出なら、その間にワンちゃんがどんなふうに過ごしているのか確認できることは、何かトラブルがあった時にかなり役立ちます。

ライブカメラが無ければ気づけないこともある

 たとえば、暑い夏の留守中にエアコンが切れた場合や、「なんだかワンちゃんの様子がおかしい」、もしくは「明らかに体調が悪そう」などという場合、ライブカメラがなければ帰宅するまで気づけないこともあります

 

 すぐに気づいて帰ってあげることができるわけで、普段の生活を考えると、あって損はないです。

 

〜カメラに頼り過ぎないこと〜

寝てばかりだからって寂しくさせてはいけない

 留守番中のワンちゃんをライブカメラで見ると、ほとんどの時間は寝ているだけという場合も多いでしょう。

 

 ただ、「ずっと寝ているのなら淋しくないはず。ちょっと遅くなってもいいかな」とは思わないでください。

 

 残されたワンちゃんにとっては、淋しいけれど何もすることがないので仕方なく寝ているだけということも多いはずです。

 

 「ライブカメラがあれば安心」と頼りにし過ぎるのではなく、やはりワンちゃんとはできるだけ一緒の時間を過ごしてあげることが大切です。

カメラのセキュリティは必ず設定して!

 最後に、犬とは直接関係ないですが、ライブカメラを使用する際はセキュリティに注意してください。

 

 パスワードを設定していないと、外部から簡単にアクセスできて家の中が丸見えになってしまいます。

 

 設定自体は全く難しくありません。

 

 機種によって変わりますが、箱や説明書に書いてあることをそのままやればいいだけです。

 

次の記事:「犬を単頭飼いから多頭飼いにする時の2つの注意点」

 

前の記事:「単頭飼いの子犬に留守番を覚えさせるための2ステップ」

SNSでシェアする
コメント(0)