犬を多頭飼いする時のトイレの数は1つでOK?

 ワンちゃんを多頭飼いするにあたって気になるのが「トイレの数をどうするか?」ではないでしょうか。

 

 ワンちゃんそれぞれに一つずつ用意するのがよいのか?

 

 それとも、共同トイレを作って全員がそこで用を足すようにすればよいのか?

 

 経験がないとなかなかわからないことです。

 

 そこで、多頭飼いで気になるトイレの数について見ていきましょう!

犬の多頭飼いでのトイレの数

 

〜トイレは一つでもよいが…〜

最初のうちはトイレを分ける

 結論から言えば、トイレの数は個別に用意しなくてもよいです。

 

 ただし、もともといたワンちゃんと新しく迎えたワンちゃんの関係性によっては、個別に用意した方がよい場合もあります

 

 ケースバイケースとも言えますが、同じ親から生まれた子犬を複数匹同時に迎えるのでない場合は、少なくとも最初のうちはトイレを分けた方がよいでしょう。

 

 なぜなら、後から迎えたワンちゃんは、新しい環境に慣れるまでケージに入れておく時間が長くなるからです。

トイレトレーニングできたら1つにまとめてOK

 新しい子が環境にも先輩のワンちゃんにも慣れて、トイレトレーニングもできてきたころなら、大きめのトイレを一つ置いておくだけでも大丈夫です

 

 散歩中、ワンちゃんは、他のワンちゃんがおしっこした電柱などに同じようにおしっこをしますが、においが付いているところで用を足すのが一般的です。

 

 ですので、家の中でも一つトイレを置いておけば、新しい子も先輩に倣って早くトイレを覚えてくれるでしょう。

 

 それに、トイレを一つにできれば掃除も楽になります。

 

〜個別に用意した方がよいケース〜

 ただし、ワンちゃんによってはトイレを個別に用意した方がよい場合があります。

結局愛犬次第という…

 一般的には一つでOKといっても、なかには他のワンちゃんのにおいを嫌がるワンちゃんもしますし、先輩ワンちゃんが縄張り意識の強い子なら同じトイレを使わせたくないことも考えられるからです。

 

 また、トイレを一つにすると、個別におしっこの量や色を確認したくてもどっちのものなのかわからないというデメリットもあります。

 

 高齢犬腎臓に病気を抱えるワンちゃんなどがいるお宅では、トイレを分けた方がよいでしょう。

 

 いずれにせよ、部屋が広くてそれぞれに十分な広さのケージが置けるのであれば、トイレも個別に用意した方がよいかもしれません。

ストレスなく排泄できるように

 実際どうなのかはやはりワンちゃん次第ですので、いろいろ試してみてください。

 

 ケージを開けてフリーにしていても、トイレは自分のところに帰ってするというワンちゃんもいれば、相手の場所でも構わずする子もいます。

 

 それぞれのワンちゃんが気持ちよく排泄できることが何より大切ですので、様子を見ながら決めましょう。

 

〜トイレの置き場所に注意〜

 一つにしろ、個別に用意するにしろ、トイレの置き場所には注意してください。

騒がしいと用を足せない

 まず、ワンちゃんが落ち着いて排泄できることがキーポイントになってきます。

 

 周囲が騒がしすぎると集中できませんし、見られていると落ち着けないワンちゃんもいます。

食事の場所からは離すこと

 また、食事の場所とは離した方よいでしょう。

 

 ワンちゃんにとって食べたり寝たりする場所は常に清潔にしたいという習性があるからです。

 

 人間も同じですね。

 

 排泄するときにプレッシャーがかかるとそれだけでストレスになり、用を足せなくなってしまうとそれこそ病気になる可能性も上がりますので注意してください!

 

次の記事:「多頭飼いの犬が一晩中寝ないで走り回る3つの原因」

 

前の記事:「犬の多頭飼いで生じる6つのデメリット」

 

最後に

今回の記事が少しでもタメになったな、面白かったなと思っていただいた際には、記事のシェアをお願いします!

 

ココアとちびの応援をしていただけるととても嬉しいです。

 

こちらの記事にTwitter・インスタグラム・LINE等のアイコンを載せておりますが、ぶっちゃけ一番嬉しいシェア方法は「はてなブックマーク」です。

ココアとちびをはてなブックマークする

お忙しい中お手数をおかけしてしまいますが、ご協力頂けると幸いです。

 

これからも問題解決できる記事を書いていけるよう、精進してまいります!ありがとうございました!

SNSでシェアする
コメント(0)