犬と飼い主さんにとって、多頭飼いのそれぞれ2つのメリット

 ワンちゃんとの暮らしの楽しさ喜びを知ると、「もう一匹増えたらもっと楽しいだろうな」と想像してしまいます。

 

 実際、先に飼ったワンちゃんが年を取ってきたころに、将来のお別れの際に悲しみを少しでも軽減できればなどという理由で、二匹目をお迎えする家庭も多いです。

 

 また、保護犬を迎えることになるなど、偶然の出会いもあるでしょう。

 

 理由はともあれ、多頭飼いを始めると、単頭飼いでは味わえない経験がたくさんできるのは確実です。

 

 そこで、多頭飼いならではのメリットについてまとめましたので見ていきましょう!

犬の多頭飼いのメリット

 

〜犬にとっての2つのメリット〜

犬社会のルールを学べる

 多頭飼いの第一のメリットは、ワンちゃんにとっての基本的欲求を満たしてあげやすくなることです。

 

 ワンちゃんはもともと社会性の高い動物であり、先祖のオオカミのように群れで行動する習性を本能的に持っています。

 

 柔軟性も高いため、種の異なる動物との共存も比較的容易です。

 

 だからこそ何万年も前から人間と共存してきたのであり、今では猫と一緒に仲良く暮らすワンちゃんも珍しくありません。

 

 実際我が家はチワワのココアとキジトラ猫のちびが仲良く一緒に暮らしています(゚∀゚)

 

 しかし、ワンちゃんにとって、仲間である同種のワンちゃんからでないと学べないこともたくさんあります。

 

 他のワンちゃんとの距離の取り方などワンちゃん社会のルールは、人間としか過ごしていないと学べないことです。

 

 多頭飼いは、そういう群れで暮らすというワンちゃん本来の自然的欲求を満たすことにもつながります。

留守番で寂しい思いをしなくなる

 また、飼い主さんが外出する時でも、多頭飼いならワンちゃんはひとりぼっちで寂しい思いをすることはありません。

 

 基本的に群れで生きる動物ですので、ワンちゃんはひとりぼっちで留守番することは苦手なのです。

 

 その寂しさが解消できるだけでも、多頭飼いにするメリットはあるでしょう。

 

〜飼い主さんにとっての2つのメリット〜

喜楽が倍増

 飼い主さんにとっての多頭飼いのメリットは、なんといっても楽しみや喜びが倍増することでしょう。

 

 好きで飼っているわけですから、ワンちゃんごとの性格の違いを観察したり、ワンちゃん同士が一緒に仲良く遊ぶ姿を見たりするのは、犬好きにとって至福の瞬間のはずです。

しつけをすることに責任感を持てる

 また、飼い主としての高い意識が芽生えることもメリットになるでしょう。

 

 一匹だけの時と違って、二匹以上をちゃんとしつけて飼うには、ただ溺愛するだけでは不可能です。

 

 愛情を注ぐことはもちろん、二匹以上のしつけをしっかりしようと思ったら、自然とワンちゃんを飼う人間としての責任感が生まれます。

 

 なお、先輩ワンちゃんを手本にするため、新入りのワンちゃんのしつけが楽になるというメリットもありますが、すべてのワンちゃんに当てはまることではないことには注意が必要です。

 

〜手間や苦労も倍増し、不仲になることも〜

 メリットがたくさんある多頭飼いですが、ただ楽しそうというだけで安易に決めないでください。

 

 楽しみや喜びが多いのは確かですが、手間暇苦労もこれまで以上にかかるのは確実です。

 

 ワンちゃんによってはどうしても別のワンちゃんと仲良くできないこともあります。

 

 そんな時でも投げ出さず、ワンちゃんの健康を第一に責任を持って飼える自信がある場合にだけ、多頭飼いを検討しましょう。

 

次の記事:「犬の多頭飼いで生じる6つのデメリット」

 

前の記事:「犬の多頭飼いがうまくいくための6つのコツ」

SNSでシェアする
コメント(0)