犬から人にうつる病気!人獣共通感染症

 ワンちゃんを飼っていて、やはり気になるのは「病気」のことです。

 

 「犬どうしでうつる病気」「犬から人へうつる病気など」一口に病気と言っても様々です。

 

 しかし、中にはワンちゃんや私たち飼い主の命にかかわるような病気もあるのです。

 

 正しい病気の知識を持ち、正しい予防方法治療方法を知っておくことが大切です。

 

 そこで代表的な「人獣共通感染症」をまとめましたので見ていきましょう!

犬の人獣共通感染症

 

〜代表的なレプトスピラ症〜

 犬から人へうつる病気はいくつかあります。

 

 代表的なものは「レプトスピラ症」と言われるものです。

 

 これは、レプトスピラ症に感染したワンちゃんはレプトスピラ菌を尿と一緒に排泄します。

 

 この尿に触るなどすると人に感染してしまうのです。

感染ルート

 感染ルートは、レプトスピラ症に感染したネズミの尿などがついた土などに犬が触ると発病します。

 

 野良犬だけではなく、飼われているワンちゃんでも散歩中に感染する可能性が十分にあると言えます。

症状

 急な発熱頭痛、他にも結膜の充血などといった症状が発症します。

 

 放っておくと重症化し、腎機能障害などを引き起こし、黄疸がでる場合もあります。

予防方法

 レプトスピラ症には人用と犬用、どちらも予防ワクチンがあります。

 

 散歩などで十分に感染する可能性があるので、受けておくと安心です。

 

〜見分けづらいパスツレラ症〜

 ワンちゃんが感染しているかどうか、見分けづらいものに「パスツレラ症」があります。

感染ルート

 パスツレラ症を引き起こすパスツレラ菌は、ワンちゃんの口の中に存在します。

 

 ですので、主にかまれたり、またひっかかれることでも感染する可能性があります。

 

 また、ワンちゃんと飼い主がキスする光景をよく見ますが、パスツレラ菌はそこからも感染する可能性があります。

症状

 人に感染すると、ぜんそくが悪化するといった呼吸器官に影響を与えたり、炎症をおこしたりします。

 

 パスツレラ症の多くは呼吸器官への症状を引き起こし、最悪の場合は重度の肺炎になる場合もあります。

予防方法

 上記の「感染ルート」にも書きましたが、口の中に存在するパスツレラ菌によって感染するので、噛まれたり引っかかれたりしないことが最大の予防方法となるでしょう。

 

 そして、いくらかわいいからと言って、むやみにワンちゃんとキスするのは控えましょう。

 

〜最悪脳に達する回虫症〜

 そしてもう一つ、犬から人へうつる病気が「回虫症」です。

 

 パスツレラ症と同じく、ワンちゃんに感染しているときはほとんど症状がでません。

 

 分かりにくい病気なのです。

 

 ですが、人に感染すると厄介です。

感染ルート

 ワンちゃんが感染していた場合、そのワンちゃんに触ると、手に菌がつきます。

 

 そのままの手で食べ物を食べるなどして口の中に菌が入り、発症することになります。

 

 犬が感染していても分かりにくいので、野良犬ばかりではなく飼い犬でも感染している場合があるので注意が必要です。

症状

 発熱視覚障碍などを引き起こし、悪化すると肺や脳に達してを引き起こしたり、てんかんの発作を引き起こす原因になってしまう場合もあります。

 

 さらに、回虫症の感染を治療する方法は、まだ確立されていません。

治療方法・予防方法

 軽度の場合だと風邪と同じような治療で済むのですが、視力障碍などを引き起こすと、レーザー治療をする場合もあります。

 

 ワンちゃんを触るのはいいのですが、そのあとしっかり手を洗い、それから食事をするなど日ごろの注意で予防しましょう。

 

次の記事:「老犬チワワの関節炎の治し方」

SNSでシェアする
コメント(0)