猫を多頭飼いするメリット

 複数の猫を同時に飼う多頭飼いは、一匹だけを飼うことに比べて、どのようなメリットがあるのか知っていますか?

 

 複数飼いの利点や喜びは、飼い主さんによっても異なるとは思いますが、主に次のようなことがらが挙げられるので見ていきましょう!

多頭飼いのメリット

 

〜飼いやすくなる2つのポイント〜

 多頭飼いすることで下記のような2つの大きなメリットを得ることができます。

飼育がしやすくなる

 まず、飼育がしやすくなります

 

 飼い主が出かけてもいっしょにお留守番をするので、寂しがる、飼い主不在でストレスが溜まるなどのリスクが軽減します。

 

 いっしょに遊びながら、飼い主の帰りを待っていてくれるでしょう。

 

 特に小さい子は飼い主が出かけると、寂しがったり不安がったりするので、他の子がいてくれると安心です

社会性が身につく

 また、社会性が身につくという利点もあります。

 

 猫はマイペースなイメージがありますが、意外と順応性が高いのです。

 

 複数飼いの環境にも慣れやすく、いったんこの環境に慣れると、他の子たちと共存するようになります。

 

 お互いがじゃれ合うときにも、噛んだり押したりする力加減を自然に覚えますし、先に暮らしていた先輩が、新入りの子にルールを教えるなど、躾をすることもあります。

 

 コミュニティーでお互いが仲良く暮らすための、社会性を身に着けてくれます。

 

 社会性が身につくと飼い主に対しても、じゃれるときの力加減を覚えるなど、上手に関われるようになります。

 

 したがって、飼いやすくなることが多いのです。

 

〜肥満予防で健康増進〜

 運動不足が解消できるのも、多数飼いの利点です。

 

 1匹だけの場合は飼い主が遊ばせるなど意識して運動をさせないと、運動不足になって太りやすくなります

 

 肥満は健康によくありません。

 

 しかし、複数飼いの場合は、お互い同士で遊んでくれます

 

 いっしょに家の中を走り回ったり喧嘩をしたりと、何かと体を動かすので、運動不足になりにくいのです。

 

 特に避妊をすると食欲が旺盛になりますから、肥満には注意しなければいけません。

 

 飼い主が猫と遊ぶのは、とても楽しいひとときですが、多忙で長時間遊んであげられないことも多いのではないでしょうか。

 

 多頭飼いだと、飼い主と遊ぶ以外にも、お互いで勝手に遊んでくれます

 

 飼い主の負担が軽くなり、健康増進・健康維持に役立つのは、大きな利点といえるでしょう。

 

〜何よりのメリットは飼い主の幸福感〜

 このように複数飼いの利点は多々ありますが、最も大きなメリットは、飼い主の幸福感が何倍にも膨れることではないでしょうか

 

 1匹だけを飼っていてもたまらなく可愛いのに、それが2匹も、3匹もいてくれるのです。

 

 その分だけ幸福感が倍増します。

 

 さらにそれぞれ個性が異なるので、その違いを感じるのも楽しいものです。

 

 また、集まって重なるようにして寝ている姿、いっしょに遊んでいる姿など、仲良くしている様子は、1匹飼いでは体験できない幸福感です。

 

 多頭飼いは1頭飼いに比べて、苦労も大きくなります。

 

 ただ、その苦労を上回る幸せ癒やし楽しさが感じられることは間違い無いので飼い猫ちゃん、飼い主さんがともにハッピーライフを過ごせるよう愛情を注いであげてください

 

次の記事:「猫を多頭飼いするデメリット」

 

前の記事:「猫の多頭飼いを成功させるコツ!ポイントは「2週間」」

SNSでシェアする
コメント(0)