犬の遠吠えには4つの理由があった

 ワンちゃんの遠吠えは習性のひとつでもあるので仕方ないものの、ご近所トラブルにも繋がりかねないので、飼い主にとってはストレスになります

 

 遠吠えの理由について知るとともに理解して正しく対処するための方法をまとめましたので見ていきましょう!

犬の遠吠え

 

〜ワンちゃんが遠吠えする4つの理由とは〜

 ワンちゃんの遠吠えの理由としましては、不安感ストレスワンちゃん同士のコミュニケーションサイレン音への反応などが考えられます。

 

 ちなみにうちのココアが多いパターンはサイレン音です。

 

 あと、私が遠吠えの真似をすると連動もします。笑

不安な気持ち

 犬は群れを好む傾向にありますので、長時間独りで過ごしている場合などは特に不安な気持ちになってしまいます

 

 そのため、遠吠えによって気を紛らわせようとします。

ストレス

 また、長時間狭いケージに入っていたりといった、留守番の際のストレスを解消することが目的の場合もあります。

他のワンちゃんの遠吠えに連動

 更に、他のワンちゃんの遠吠えが聞こえてきた際はそれに応えようとして遠吠えをする場合もあり、遠吠え連動を起こすこともあります。

サイレン音に反応

 他にも、救急車やパトカーや消防車のサイレン音に反応して遠吠えをする場合もあります。

 

 これは、サイレン音の周波数が犬の遠吠えの周波数と近いことから、ワンちゃんが仲間の遠吠えと勘違いして遠吠えしていると考えられます。

 

〜ワンちゃんの遠吠えをやめさせる方法〜

 スキンシップの時間を増やすことや飼育環境を見直すこと、遠吠が始まっても相手をしないことや気をそらすことなどがあげられます。

 

 スキンシップの時間を増やすことによってワンちゃんの不安感が軽減されますし、安心感に繋がりますので、意識してスキンシップを行いましょう。

 

 外で飼っている場合は可能であれば室内で飼うようにして、サイレン音他のワンちゃんの遠吠えなどが気にならないようにしてあげましょう。

 

 また、飼い主がワンちゃんの遠吠えに反応しないようにするということも大切です。

 

 遠吠えをすると飼い主が言うことを聞いてくれると勘違いして、更なる遠吠えを引き起こしかねません。

 

 遠吠えをしても相手にしてくれないということがわかると落ち着くケースもありますので、意識しておきましょう。

 

 声をかけるのも有効です。

 

 ワンちゃんは飼い主に声をかけられることによって我に返って落ち着く場合もありますし、名前を呼びながらおもちゃなどで気をそらすこともできますので、実践してみてください。

 

〜遠吠えの原因を探ることが必須〜

 飼い主さんにとって、ワンちゃんの遠吠えはストレスになりますが、何か理由があって遠吠えをしているので、まずはその原因を突き止めましょう

 

 上記のような原因に当てはめてみることで、対処することができますので、ワンちゃんにとってはもちろん飼い主にとってもストレスの軽減に繋がります。

 

 また、日頃からワンちゃんの様子を見守って、過剰なストレス不安感をなるべく与えないように意識してきましょう。

 

 特に、コミュニケーション不足に陥っていないか意識しておくことも大切です。

 

 もしコミュニケーション不足を感じた場合は、積極的に触れ合って安心させてあげましょう。

 

 急に遠吠えをしなくなるということはありませんので、少しずつ減らしていくという長期的な気持ちで取り組んでみてください

 

次の記事:「犬が疲れて寝るときの3つのサイン」

 

前の記事:「犬は数年後に再会したときに飼い主を記憶しているの?」

 

最後に

今回の記事が少しでもタメになったな、面白かったなと思っていただいた際には、記事のシェアをお願いします!

 

ココアとちびの応援をしていただけるととても嬉しいです。

 

こちらの記事にTwitter・インスタグラム・LINE等のアイコンを載せておりますが、ぶっちゃけ一番嬉しいシェア方法は「はてなブックマーク」です。

ココアとちびをはてなブックマークする

お忙しい中お手数をおかけしてしまいますが、ご協力頂けると幸いです。

 

これからも問題解決できる記事を書いていけるよう、精進してまいります!ありがとうございました!

SNSでシェアする
コメント(0)