愛犬をお風呂に入れる最適な頻度は2〜3ヶ月に1回!

 ペットサロンでワンちゃんをきれいにしてもらうことはありますが、ちょっと汚れた時など自宅でお風呂に入れたいと思うこともあるでしょう。

 

 ただ、ワンちゃんを飼うのが初めてだと、お風呂に入れる頻度や正しい入れ方やなどわからないことも多いはずです。

 

 そこで、ここではワンちゃんをお風呂に入れる適切な頻度と入れ方について見ていきましょう!

犬と風呂

 

~頻繁に入浴させる必要はない~

 私たちはほとんど毎日入浴しますが、ワンちゃんも同じように毎日お風呂に入れるのは良くない場合があります。

毎日入れると毛艶や毛並みが悪くなる

 いくらきれい好きでも毎日お風呂でシャンプーするのはやり過ぎです。

 

 あまり頻繁にシャンプーすると、ワンちゃんの皮膚を傷めることにもなり、肌荒れなどトラブルが起きやすくなることがあります。

 

 また、ワンちゃんの毛には油分が含まれていますが、必要な油まで洗い流して毛艶毛並みを悪くすることも考えられます。

外で遊ぶ犬でもシャンプーの頻度は月1か月2が限度

 以上のことから、シャンプーで体を洗う頻度は月に一、二度で十分と言えるでしょう。

 

 毎日外で泥だらけになって遊ぶワンちゃんなら、頻繁にお風呂で洗う必要があることも考えられますが、それでもシャンプーを使用する頻度は控えてください

 

 シャワーで軽く洗い流す程度に留めましょう。

 

 ただ、シャワーもできればそれほど頻繁にしない方がよいです。

 

 室内飼いであまり体が汚れないワンちゃんなら、シャワーの頻度も月に一度程度で十分でしょう。

普通の犬は2~3カ月に1回でOK

 特に汚れがないなら、2~3カ月に一度ペットサロンでやってもらう程度でも大丈夫です。

 

 なお、一般的にワンちゃんはお風呂が好きではありませんが、なかにはお風呂好きという変わった子もいるかもしれません。

 

 そういう場合は、ワンちゃんの負担にならない程度にシャンプーなしで入れてあげる分にはかまいません。

シニア犬には風呂はかなりの負担

 ただし、シニアの場合は注意が必要です。

 

 体力の低下が目立つようなら、お風呂はかなりの負担ですので、汚れた時もタオル等で拭くなどしてなるべく入浴させることは控えた方がよいでしょう。

 

~犬を安心させるコツ~

 実際にワンちゃんをお風呂に入れる時のコツをお伝えします。

水に恐怖を持つ犬は多い

 水が怖いワンちゃんは多いので、お風呂に入れようとしても暴れたり怖がったりして上手に入れられないことがありますが、そんな時は無理に入れるのは禁物です

 

 飼い主さんが優しく声をかけて安心させることを第一に、徐々にお湯に慣らしていきましょう。

 

 ワンちゃんがお風呂は楽しい場所だと認識するようになれば、お風呂を入れるのも楽になります。

入浴前のブラッシングで毛の絡みをなくす

 汚れているからといって乱暴にシャワーを浴びせるなどの行為は、くれぐれもしないように気を付けてください。

 

 ちなみに、毛の長い犬種の場合、入浴前にブラッシングしておくと毛が濡れても絡みにくくなります。

 

~お風呂の温度は37~38℃程度のぬるま湯~

 ワンちゃんのお風呂の温度ですが、私たちと同じでは熱すぎます。

 

 人間のように体温調節ができないので、熱いお湯でワンちゃんの体温が急激に上がってしまうことも考えられます。

 

 37~38℃程度のぬるま湯が望ましいでしょう。

 

 ぬるすぎても風邪の原因になるので、お湯の温度にはくれぐれも気を付けてください。

 

次の記事:「水が好きな犬代表のレトリバーやプードル!」

 

前の記事:「ウェットフードが犬の虫歯の原因になる2つの原因」

SNSでシェアする
コメント(0)