鍵しっぽの猫は幸せを運んでくれる縁起物

GOLDDUSTさんから引用) 幸せを運ぶ猫の鍵しっぽ

〜鍵しっぽは幸せをひっかけてくれると言われる縁起の良い猫〜

 団子のようになったり捻じれている猫のしっぽを、鍵しっぽと言います。

 

 長くスラッとしたしっぽは猫の大きなチャームポイントであるため、こういった鍵しっぽを見ると何となく可愛くないと思ってしまう人もいるかもしれませんが、実はこの鍵しっぽというのは、幸運をひっかけてくれると言われており、昔から縁起が良いものとされてきたのです。

 

 その昔猫は長生きするとしっぽが何股にも分かれる猫又という妖怪になると信じられていましたが、その反対にこの鍵しっぽの猫はしっぽが分かれる心配が無いとされ、逆に幸せをひっかけ運んでくれるものとしてありがたがられていたという話があります。

 

 くねった短いしっぽというのも、長くスラッとしたしっぽとはまた違う愛着があるものですので、ぜひ独特のチャームポイントとして可愛がってあげてください。

 

〜鍵しっぽは骨が曲がっているのが原因〜

 鍵しっぽというのは、しっぽの中の骨が曲がってしまっているのが原因です。

 

 レントゲンを撮るとしっぽの形と同じように骨が曲がっており、よく見るとくさび状の骨が見えるのがわかります。

 

 このくさび状の骨は半椎骨と呼ばれるもので、これこそが鍵しっぽを発生させる原因です。

 

 つまり鍵しっぽというのは単に半椎骨の影響を受けて変形してしまっているだけのことで、特にそれ以上の問題があるということではありません。

 

 猫の体調に悪影響が及ぶといったことも無く、単なる見かけの特徴として受け止められるものですので、病気のリスクなどを心配する必要というのは無いのです。

 

 無理に伸ばしたりしようとすると猫をいじめてしまうことになりますし、当然怒りますので、その形をそのまま愛してあげるようにしてください。

 

 鍵しっぽになる原因には先天的なものと後天的なものがありますが、先天性のものについては何の問題も無いので心配はありません。

 

 逆に後天的なものの場合、特に成猫になってからの場合は機械的な衝撃が加わって変形してしまうため、さまざまな障害が出てくる恐れがあるので、その際は気をつけて様子を見てあげなければなりません。

〜しっぽによる感情が解かりにくいという難点も〜

 しっぽは猫の感情を読み取ることができる非常に貴重なパーツです。

 

 ピンと立ててしっぽの先を曲げていればご機嫌な証、ブンブンと振り回していれば不機嫌な証、身体に巻きつけていれば不安や緊張の証など、しっぽをどのようにしているかである程度の感情を読み取ることが可能です。

 

 鍵しっぽというのは非常に可愛らしいチャームポイントですが、変形してしまっているが故にこういったサインが解らないというのが一つの難点でしょう。

 

 関係を築いていく上で目安とできるものが一つ減ってしまうわけですから、一層気を遣って感情を読み取り、適した接し方をしてあげることが必要になります。

 

次の記事:「台風などの自然災害時には野良猫をどう保護してあげるべき?」

 

前の記事:「猫の舌はどうしてザラザラしているの?」

SNSでシェアする
コメント(0)