子犬時期に去勢手術はやめておきなさい

 ワンちゃんを飼い始める方や、すでにワンちゃんが家族の一員となっている方が一度は考えるであろうことの一つが「去勢手術」についてです。

 

 去勢手術を受けるにしろ、受けないにしろ、ワンちゃんへのストレスは様々な形でやってきます。

 

 そこでメリットデメリット手術の時期場所費用についてまとめましたので見ていきましょう!

去勢は成犬になってから

 

~大切な家族との二つの選択~

 まず始めは、「手術をするのか」「手術をしないのか」という選択が必要になってきます。

去勢手術を受ける

 去勢手術が一般に多く浸透している理由に「性ホルモンの影響を受けない」というものがあります。

 

 これは精巣を取り除くことで生殖器に関する病気を予防したり、発情におけるストレスをなくすという意味です。

 

 加えて、男性ホルモンによる縄張り意識や他のオスとの争いなどが減るという理由で去勢を行う飼い主さんもいます。

去勢手術を受けない

 もう一方で去勢手術を行わない、という選択をする飼い主さんの主な想いとしては「高齢なので全身麻酔のリスクが怖い」、「子どもを産んでほしい」などが挙げられます。

 

 去勢は必ず行わなければならないものではありません。

 

 歳をとったワンちゃんに全身麻酔をかけることを心配に思われる方も多いです。

 

 稀な例ですが、麻酔の効果が強く出てしまい目を覚まさないこともあります。

 

 しかし、手術中、点滴を流すことで麻酔の覚醒をスムーズに行う方法もありのでワンちゃんに「ストレスを与えない」ということを考えると飼い主さん的にも気持ちが楽になるんじゃないかなと思います。

 

~手術はいつごろ?~

 仮に長生きすることがワンちゃんと飼い主さんにとって幸せだとすると、状況により「手術をするリスク」と「手術をしないリスク」を天秤にかけ、どちらが長生きできるのかと考えると少しわかりやすいです。

 

 では、手術を行う場合いつごろが良いのでしょうか。

 

 一般的に去勢手術は子犬期のおしまいである6ヶ月~1歳の間に行われることが多いです。

 

 これは、6ヶ月程度で子犬から成犬になり、性機能が成熟するためです。

 

 では、これを過ぎるとどうなるかというと、子犬時期に身についた片足上げ排尿や、性ホルモンからくるテリトリー意識などがなくなりづらくなります。

 

 そして、体力が落ちてくる年齢になると手術にリスクを多く抱えるようになります。

 

 また、おおよそ5歳を過ぎるとワンちゃんにはホルモン性疾患になる可能性が出てきます。

 

 これを防ぐために手術をするのか、あるいはリスクの方が大きくなってしまうために手術をしないのか、医療に絶対が無いのは犬も人間も同じです。

 

 後悔のない方を選ぶことがワンちゃんの未来につながることを信じましょう。

 

~どこで手術を受けるの?~

 手術は動物病院で行います。

 

 慣れないことに不安を感じるワンちゃんを少しでも安心させる方法として、スタッフからワンちゃんにおやつをあげてもらうのも一つの手です。

 

 特に動物病院は他のワンちゃんや猫ちゃんなどたくさんの動物がおり、手術を受ける子犬の場合は初めての経験が多く、ストレスを感じてしまいますので、ワンちゃんへの掛け声や接し方は普段と同じようにしてあげ、不安を取り除いてあげてください。

 

~どのくらい費用がかかるの?~

 小型犬か大型犬かによって手術料金は変わってきますが、大体の場合2万~3万円で済みます。

 

 この料金に事前検査や診断が含まれているかも確認しておきましょう。

 

 メリットもあればデメリットもある去勢手術には、各飼い主さんごとにそれぞれの考えや気持ちがあるかと思います。

 

 また、極度に片方だけの選択に寄った意見が存在することも事実です。

 

 しかし、いつもそばで愛しいワンちゃんのことを世話している貴方が、その子にとっての最善だと考えたことであればワンちゃんにも伝わりますし、なんか胡散臭い言葉になってしまいますが、「良い信頼関係」を築き上げていくひとつめのステップになります。

 

次の記事:「初めての離乳食!牛乳でふやかすのは絶対に禁止!」

 

前の記事:「子犬のうち?去勢手術の適切な時期と、2つのメリット・デメリット」

SNSでシェアする
コメント(0)