犬のしっぽが下がる2つの原因

 ワンちゃんの様子を観察していると時々しっぽが下がっている時があります。

 

 このような場合は元気もあまりない場合が多く見られますが、ワンちゃんのしっぽが下がるというのはどのような時なのでしょうか?

 

 体調でも悪いのでしょうか?

 

 心配になることも多いことから、まとめてみましたので見ていきましょう!

犬の尻尾が下がる原因

 

〜しっぽが下がる2つの原因〜

不安や不快な気持ちを表す

 しっぽが下がるのは、一般的にワンちゃんの不安不快な気持ちを表しています。

 

 例えば飼い主さんが長い間戻って来なくて不安になった場合、病院に連れて行かれて痛い思いをした場合などにしっぽが下がります。

 

 このような場合は、飼い主さんはたっぷりワンちゃんを可愛がることで不安な気持ちを収めてあげることが大切です。

トラウマが蘇る

 以前、嫌なことがあった時にそれがトラウマのようになり、不安になってしっぽが下がっている場合もあります。

 

 例えば、池に誤って落ちて以来、水が大嫌いになったワンちゃんは、水を見ただけで恐怖感を感じ、しっぽを下げてしまいます。

 

 また、以前予防注射で痛く怖い思いをしてその記憶が抜けない場合は、病院に連れていこうとしただけで元気がなくなりしっぽが下がってしまうこともあります。

 

〜大きな音を聞いたときや体調の悪いとき〜

大きな音でストレスを感じているとき

 ワンちゃんは大きな音にも敏感です。

 

 トラックなどが通る時の大きな音や雷の音なども怖がります。

 

 そんな時はしっぽも下がることが多く、ワンちゃんが不安を感じていることを見て取ることができます。

 

 ストレスの原因になり、食欲低下にもつながることがありますので、飼い主さんは、取り除くことのできるストレス原因はなるべく取り除いてあげるようにすることが大切です。

体調不良のとき(椎間板ヘルニア)

 また、体調がすぐれない場合にしっぽを垂らすこともあります。

 

 例えば、椎間板ヘルニアを発症している時も、しっぽがだらんと垂れ下がります。

 

 椎間板ヘルニアは肥満や老化などが原因でなる場合があります。

 

 痛みを伴うことが多く、体調的にもかなり悪い状態です。

肛門のう炎・骨折しているとき

 さらに、肛門のう炎を発症している場合もしっぽが下がります。

 

 ワンちゃんは肛門近くの激しい痛みも感じているはずです。

 

 骨折している場合もしっぽが力なく下がっていることがあります。

 

 ワンちゃんの様子を観察して、病気や怪我などの体調不良によりしっぽが下がっていると思われる場合は、すぐに病院に連れていくことが必要です。

 

〜しっぽが丸まっている時はどんな状態?〜

 しっぽが垂れ下がるだけでなく、おしりの下に丸まって入ってしまう状態のときもあります。

 

 これはワンちゃんのどんな心理状態を表しているのでしょうか?

降参・服従しているとき

 相手に対して降参している、服従しているという気持ちを表すときにしっぽがこのようになることがあります。

 

 例えば、散歩中、非常に大きな犬に出会ったワンちゃんは、自分に敵意がないということを相手に示すために、しっぽをおしりの下に丸めて入れることがあります。

怒られたとき

 また、飼い主さんに強く怒られた場合にもしっぽがこのようになることもあります。

 

 このように、しっぽがお尻の下に入ってしまうというのは、ワンちゃんが強い不安を感じていることを表しています。

 

 このような場合は、飼い主さんはなでたりやさしく声かけをしたりワンちゃんの好きなことをさせたりして、ワンちゃんの気持ちを落ち着かせるように努めることが大切です。

 

次の記事:「犬の爪切りで使う3タイプの爪切り」

 

前の記事:「犬の感情を表す尻尾の振り方〜3パターン〜」

SNSでシェアする
コメント(0)